キャッツクロー効果・効能ガイドブック

WHO(世界保健機関)も認めた成分「キャッツクロー」に迫る

関節痛・リウマチの救世主?キャッツクローとは

キャッツクローはリウマチや関節痛の救世主?キャッツクローとは、関節痛やリウマチなど炎症性の痛みに役立つ成分免疫を調整する成分が含まれたハーブです。

葉の付け根の部分に猫の爪のような形のトゲがあることから、このような名前で呼ばれています。

もともとは南米・ペルーのアマゾンに生育するアカネ科の植物で、ペルーの先住民インディオは、古くからキャッツクローをリウマチなどの痛み止めや病気の治療薬として利用してきました。

【キャッツクローのチェックポイント1】
関節痛やリウマチへの効能が各所で発表・認可されている

ヨーロッパでは1970年代からキャッツクローの研究や臨床実験が進められ、オーストリアではすでにリウマチの処方薬として認可もされています。

さらに1994年には、WHO(世界保健機関)が「内臓に障害を与えず(副作用のない)炎症抑制効果がある薬用植物」として発表された植物なのです。

特集:キャッツクローのおすすめサプリメントBEST5

キャッツクローの有効成分アルカロイドに注目

キャッツクローに含まれている有効成分「アルカロイド」はアルカリ性窒素含有化合物の総称です。聞きなれない言葉ですが、最も身近なアルカロイドとしてはカフェインが挙げられます。

キャッツクローにはこのアルカロイドが6種類含まれており、特にイソテロポディンという特有の成分が、各研究機関から注目を集めているのです。

【キャッツクローのチェックポイント2】
含有成分「イソテロポディン」は免疫機能の正常化にはたらきかける

イソテロポディンの持つ効能、それはカラダの免疫機能を正常化することだといわれています。

最近は「免疫を上げる」という言葉をよく耳にしますが、実はリウマチや各種アレルギーは、過敏になりすぎた免疫が引き起こす症状といわれています。もちろん免疫力が低すぎると、様々な疾患を引き起こすのも事実です。

つまり免疫機能はバランスを保つことこそ重要なのです。

イソテロポディンは免疫機能が過剰な場合でも低下している場合でも、それを正常に近づけるよう働きかけるという臨床実験の結果が提示されています。

そのため、関節痛リウマチ免疫不全神経痛腫瘍根本的な体質の改善、さらには関節への負担がかかるスポーツ選手など、さまざまな場面での使用が推奨されているのです。

キャッツクローを取り入れるのならサプリメントで

現在は日本でも研究が行われ、その効能と副作用のなさから、サプリメントという形で気軽に摂取できるよう、様々な商品が販売されるようになりました。

【キャッツクローのチェックポイント3】
キャッツクローサプリメントの品質は販売会社で見極める

ただ、他の有名成分が配合されたサプリメントのように、消費者目線でその品質を見極めるのが困難であるという現状もあります。

キャッツクローの原産国ペルーには、品質の認定制度がありません。そのため、粗悪品ともいえる原料や、そもそも含有成分の違う別の種類の植物がキャッツクローとして出回ってしまっていることまであるのです。

そんな中で高品質なキャッツクロー製品を見極めるためには、販売会社に注目するのが一番確実だといわれています。キャッツクロー研究で著名な企業や研究機関と提携をしている企業ならば、品質自体にも信頼がもてます。また、独自にキャッツクローの栽培を行っている企業も、ある程度の品質は保証されているといえそうです。

このサイトでは、そんなキャッツクローサプリメントの中から高品質だと考えられる商品を厳選して紹介しております。キャッツクローに興味を持たれた方は、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね。

特集:高品質なキャッツクローサプリメントを調査しました

 
キャッツクロー効果・効能ガイドブック