WHO(世界保健機関)も認めた成分「キャッツクロー」に迫る

HOME » キャッツクローの効能で改善が期待できる症状 » リウマチ

リウマチ

リウマチとはどのような症状か、リウマチとキャッツクローの関係性はなどを調査しています。

リウマチの原因や症状を正しく知りましょう

日本には関節リウマチに悩む方が100万人いるといわれています。少子高齢化社会を迎え、その数は年々増加傾向にあります。

しかも、リウマチ患者の男女比は、なんと1対4! 女性が圧倒的に多く、最近では若くして発症するケースが増えて若年性リウマチも増加しているようです。

リウマチはなぜおきる?

リウマチの原因について詳しくは特定されていません。

一応、細菌などによる感染、遺伝、ストレスなど諸条件が重なり免疫異常によるもの、などが考えられています。免疫システムの異状で自分のカラダを攻撃してしまい、炎症や痛みを引き起こします。

女性が多い理由には、妊娠や出産、女性ホルモンが関係していると考えられています。発症年齢は30~50代。妊娠中は副腎皮質ホルモンの増加で自己免疫の働きが抑制され、出産後には自己免疫の働きが高まるため、自己免疫疾患が起こりやすくなるといわれています。

【リウマチの症状】

初期には関節の炎症の他に、倦怠感や食欲不振、発熱などの症状が現れます。
炎症が慢性化すると関節の骨や軟骨が破壊されるため変形し、日常生活に支障をきたすこともあります。慢性関節リウマチは、全身の関節に炎症が起こります。
症状としての特徴は、関節の痛み、腫れ、こわばり、しびれなど。症状が悪化すると、軟骨やじん帯、骨そのものも破壊してしまいます。
体調がおかしいと思ったら、早めに病院に行きましょう。

キャッツクローのリウマチへの有効性とは

リウマチの治療には薬物療法運動療法外科療法理学療法がありますが、最も大切なのが薬物療法になります。

  • 炎症を抑えて、速やかに痛みをやわらげる。
  • 免疫システムの異常を改善して、病気の進行を抑える。

この2点になりますが、キャッツクローはこれらに非常に有効です。

長年研究を行ってきたケプリンガー氏は、キャッツクローからTOA(POAの免疫調整作用を阻害する成分)を除去する方法を発見し、特許を取得しています。

その特許品が、オーストリアでリウマチ治療補助薬(医薬品)として認定されています。

また日本でも研究が進んでいますが、その1つに聖マリアンナ医科大学難病治療研究センターがあります。ここでマウスを使ったリウマチの実験を行っており、細胞に直接キャッツクローを投与するよりも、経口摂取(直接飲ませる)した方が発症を抑える効果が高いとの結果が出ています。

さらに、キャッツクローの特定の成分だけを与えるよりも、キャッツクローの成分全体を与えた方が良い結果が出たというところが、興味深いですね。

 
キャッツクロー効果・効能ガイドブック